医療保険

レーシックを受けて数年経過してからの不具合

人間の体というものは不思議で、とても精密にできています。
頭の上から足まで、それらどの一つの機能が欠けても、人間は生きていくことができません。
そのなかでもよりデリケートな部分が、『目』です。

目を酷使することが多くなったこの世の中で、良い視力を保っていることは困難になっています。
そう言った人のために、『レーシック手術』というものがあります。
このレーシック手術、有名人が受けたことでも話題になりましたね。
今はそれだけ多くのひとにこの手術が周知されています。

しかし、このレーシックの後遺症に関しても語られることはいまだ少なくありません。
ドライアイがひどくなっただとか、日中眩しくて外に出られないとか、視力が下がり結局はメガネが必要になってしまった…など様々な声があるのも事実です。
mまた、レーシック術後の痛みがどこまで続くのかも気になります。
そしてこういった「不具合」を感じるのは、術後数年たってから…という可能性もあるのです。

冒頭で述べたように、人間の体はとても緻密にできています。
その中でも目は顕著です。
ですから、外部からの手術により、本来の機能に支障を果たす可能性があるのは無視できません。
最近は芸能人やスポーツ選手がレーシック手術を受けている事から人気が高まっています。
技術の進歩により、より後遺症の少ない、完全に近い視力矯正手術が受けられる時代が来てほしいですね。
レーシックは素晴らしい治療なので、是非みなさんにも受けて頂きたいと思います。

このページの先頭へ