医療保険

レーシック手術は診察から術後までの医療費控除

最近、有名なスポーツ選手がその手術を受けて話題になりました。
それが、『レーシック手術』です。
レーシックとは、角膜に特殊な加工を施して、凸レンズの要領で視力を矯正させる手法です。
この手術は施術時間が短く、入院が必要無い事でも有名です。

芸能人でも手術を受けた人がいて話題になっています。
この手術におけるポイントの一つは、『費用』の問題です。
この手術は保険が適用にならない為、ある程度高額の費用が掛かってしまいます。
また、手術の方法により値段が異なるという点もあります。
では、このレーシック手術、『医療費控除』を受けることは出来るのでしょうか。

「医療費控除」とは、税金を納めている人が自分や家族の医療費のため支払う費用を国から補てんをうけることができる制度です。
この医療費控除、レーシック手術を受けた場合でも適用になります。
一つ注意点は、この医療費控除を受けるためには申請をする必要があるということです。
手術を行う際は、必ずこの医療費控除について銘記しておきましょう。

今や視力矯正手術として広く知られているレーシック手術。
もっと費用が安くなって、技術も進歩して、より多くの人が受けられるようになると良いですね。
レーシック手術のメリット、デメリットについてなど詳しく調べてみましょう。


このページの先頭へ