医療保険

自分に最適なレーシックの選び方

あの有名なサッカー選手がその手術をうけたことで、話題になりました。
それが、視力を矯正する『レーシック手術』です。
角膜に特殊な加工を施して、凸レンズの要領で視力を回復させます。
この手術、時代の進歩に合わせて、いろいろな手法が考案されています。

まず、老眼の人のためのレーシックです。
一昔前まで、老眼の人はレーシック手術を受けることができませんでした。
従来の方法では問題があったからです。
しかし、今は違います。
両目に『遠視』・『近視』それぞれを割り当て、老眼に対応するという術方が用いられています。
もう視力の回復を望めないと思っていたお年寄りが、このレーシックにより老眼鏡なしの生活を送っています。

また、極度の近視の方も、今まではレーシック手術を受けることが難しかったのですが、それも技術の進歩により、薄い角膜であっても緻密な角度計算やフラップを作成しない手法により、手術が受けられるようになりました。
ボクシングなど、激しいスポーツをする方のためのレーシックも存在します。
それら先進的な手術方法を実践しているクリニックはある程度限られてしまいますが、これからより一層誰のどんな状況にも対応できる手術が広まっていってほしいですね。
レーシック後のアフターサービスがきちんと対応している病院なのかもしっかり調べる事が大事です。

このページの先頭へ