医療保険

レーシックを受けた目にカラーコンタクト

ファッションの一部として、カラーコンタクトを愛用している方は少なくありませんね。
よくテレビで見かける芸能人やモデルの多くもカラーコンタクトを使用しています。
カラーコンタクトには、黒目を大きくし、瞳の色を変えてイメージを変える効果があります。
外国人のような蒼い瞳に憧れてする人も少なくありません。

しかしこのカラーコンタクト、勘違いしてはいけないのは、通常のコンタクトと同様、医療器具であるということです。
http://www.huckabees.jp/tyuuuitenn.htmlにもかいてあるように、やはり装着するには眼科で医師の診断が欠かせません。
ファッション感覚ではありますが、その部分を忘れないようにしましょう。

ここで考えたいのが、視力矯正手術「レーシック」を受けた人はカラーコンタクトを使用できるのか、という点です。
そもそも、レーシック手術は角膜に加工を施す手術のため、術後一定期間はコンタクトの使用を控えるように言われます。
そのため、レーシック術後しばらくはカラーかそうでないかに関わらずコンタクトの使用は控えるべきです。
また、やはりその後の装着に関しても、医師の相談を受けるべきです。
カラーコンタクトを装着することによってのリスクが把握できていないうちは、使用を控えるべきでしょう。
そうすることで目を対して安全を提供できます。
レーシックの落とし穴こちらも興味深いです。

このページの先頭へ