医療保険

レーシックのデメリットに関して

どんな手術であっても、100%リスクを0で回避できるという保証はありません。
技術の進歩したこの時代にあっても、やはりそういった経験をしている方がいることからも分かります。
受ける側私たちにも、受動的ではなく、積極的な情報収集が欠かせないのです。

さて、近年で最もトレンドになっている手術があります。
それが、視力を矯正させる『レーシック手術』です。
これは角膜に加工を施し、レンズのように屈折率を変化させることで、近視などを矯正する手術の事です。
レーシック費用も一時期と比べて大分安くなりました。
私たちにも手の届きやすい技術になっています。
また、新しい手術方法も開発され、老眼や極度の近眼の人にも対応できるようになりました。

その一方、このレーシック手術を受けたことにより後遺症を経験している人もいます。
強いドライアイやハロなどにより涙が止まらなくなったり眩しくて外を歩けないといった症状がみられます。
重い症状で無かったとしてもドライアイや暗闇でものが見えづらくなる可能性は少なくありません。

さて、このレーシックの『成功率』は95%と言われています。
レーシックの成功例も参考になります。
この95%の中に、先ほど述べた「細かい」症状は含まれていると思いますか?
やはりまだ完全ではないこの手術、受ける前に良く考える必要がありそうです。
中には体質によりレーシック手術対象外の場合もあります。


このページの先頭へ