医療保険

レーシックで医療保険の使用に関して

どんな手術を受ける時にも、お金のことを考えないことはありませんね。
それが、保険が適用されない手術であるならば、尚更の事です。

視力を矯正させる手術、『レーシック』も例外ではありません。
普段私たちは風邪などで病院に通った時、国民健康保険に加入しているなら、かかった費用の自己負担は3割程度でしょう。
しかし、レーシックなど対象外の治療もありますので、その場合は全額負担になってしまいます。
ですから、その手術の手法にもよりますが、だいたい10万~50万円と、結構高額な資金が必要になるのです。
詳しいレーシックの手術代についてはhttp://xn--pckp0b6k2c.tk/

ですから、もしレーシックを受ける予定の方は、医療保険への加入をおススメします。
現在、レーシックを対象として保障を受けられる医療保険が数は少ないですが登場しています。
現在医療保険に加入されている方でレーシックを受ける予定の方は、医療保険の見直しを一度行ってみましょう。
できればレーシックに対応した保険に加入したいところです。

また、http://lasik.kanagawa.jp/sinsatu.htmlにも書いてあるように医療保険とは別に、レーシックを受けた方は医療費控除の申請を行うなら、負担を減らすことができます。
医療費控除とは特定の医療行為に対して国が補てんを行うものですが、手術後申請を行うことにより控除を受けられる可能性があります。


このページの先頭へ